Top of Case Study

実験をやる前に、アセスメントしてますか?

実験をやる前に測定システムの能力を調べていさえすれば、お金と時間を無駄にすることは防げます。どのくらいの質のデータを得られそうか、そのシステムの性能を調べないで決めるのはやめましょう。多くの場合、あなたが使おうとしている測定システムを使ったリアルな実験データを事前に調べることができるのですから。

営業マンがもってくるような”質の高い”データは、実際には取れそうにはありません。実際にあなたが出しそうなデータの品質は、他の研究者の実験データと同じくらい”質が低い”だろうと思ったほうがいいです。実際にどれくらいの質のデータを出しうるかを知っておくことが重要なのです。複数のシステムのデータを比較して、あなたが必要とするレベルのデータを得るにはどのシステムを使わなければいけないのかを知ってから選べば、全体として多くの時間とお金を節約できます。

私たちのData Analysis Service をご利用いただければ、1データセットあたりたったの5千円~で詳しく調べることができます。

Example 1: 発現アレイのデータをどう評価する?

Example 2: CGHデータの品質をどう評価する?

関連トピック

Bisulphite Sequencing とメチレーションアレイのデータを比較してみる