Top of Technical Information

どのくらいのメモリーが必要ですか?

必要なメモリー(RAM)の容量は、完全に扱うデータの大きさ(遺伝子数×サンプル数)に依存します。システム条件では2GB以上と書いてはいますが、これはそれだけあれば解析できるという意味ではありません。現実的には、64-bit OS で8GB以上のメモリーをお勧めします。CGHアレイ、ChIP-Sep、Methyl-Seqなど大量のデータを解析する場合は、64GB以上の高速メモリ M.2 SSD をお勧めします。

ちなみに、ハードディスクの空き容量は関係ません。また、サンプルをどれだけたくさん登録しているかも、ロードできる Series の大きさと関係ありません。

解析用に新しいコンピューターの導入を検討しているようでしたら、Subio Platformのパフォーマンスにとって大事なのは下記のとおりです。

第一に優先するもの

メモリー容量が大きいほうが絶対に良いです。将来に備えて、最大でどれだけ拡張できるかもご確認ください。

第二に優先するもの

大きなデータを扱うほど、ディスクアクセスが頻繁に発生します。HDDよりも M.2 SSDにインストールして使うことをおすすめします。

第三に考慮するもの

CPUは、たくさん分散処理できるものより、少ないスレッドでもクロック数の速いほうがSubio Platformには効果的です。